性感染症にかかるとHIV感染率は倍以上になるんです!

2020年01月11日

人間のエイズの話に戻ります。HIVの主な感染経路が性行為ですが、行為の内容とともに他の性感染症の有無もHIV感染率に大きな影響を与えます。陰部がただれていると、それだけ他人の粘膜や血液に接触する可能性が高まるからです。他の性感染症を移したり、もらってしまうリスクもありますので、性病は早めに治療をしなくてはなりません。性病の中でもよく知られているのが、梅毒や淋病、クラミジア、性器ヘルペス、尖圭コンジローマなどでしょう。それぞれの病気で発症までに時間も違い、完治までにかかる時間も異なります。治療を放置していると命にかかわってくるものもありますので、いずれにせよ早期発見と治療が重要です。

梅毒は一時期減少していましたが、2015年ごろから再流行してきており、HIV感染率と比較してもかなり高い確率で移ってしまいます。重症化してから治療をしても後遺症が残ることもあり、治療が遅れると潜伏期間と発症を何度も繰り返すこともあります。最悪の場合他の臓器に転移して死亡する例もあります。クラミジアや梅毒、淋病などの細菌の感染には抗生物質の投与が行われます。薬を投与することで簡単に治療ができるので、早期発見が大切です。

尖圭コンジローマや性器ヘルペスはウィルスによる性病です。細菌性の性病と比較すると重症化することは少ないのですが、治療には長い時間がかかるので注意が必要です。これらの性病はオーラルセックスを含め、軽い接触程度でも感染する危険性があります。性病を持っている状態の場合、相手に移してしまう危険性が高まるばかりか、自身がHIVに感染する確率も倍以上になるので、性病が完治していない状態で他人と交わることは避けた方が良いでしょう。HIVに感染する確率は例え1%だとしても避けなくてはなりません。その時の体調、プレイの内容、性病の有無なども重なって、1%程度と思っていた感染確率も何倍以上にもなり、知らない間にかなり危険な行為をしていることもあります。

HIV感染後は2度と人と交わることができないと悲観する人もいますが、実はそうでもありません。避妊具を正しく利用した性行為であれば危険性は低くなりますし、感染がわかってしっかり投薬治療をし、体内のウィルス量が低くなればそれだけ相手へのリスクも低くなります。また、キスでは感染することはありませんので、パートナーともどもHIVに対する知識と理解を深めて、危険な行為をしないようにすることが大切です。HIV感染後も一定の注意をしておけば、今まで通りの性生活を送ることも可能です。

また、不特定多数の人と交わらないようにすることも重要です。誰がウィルスを持っているかは見ただけではわかりません。性病の中にも見た目だけでは気づきにくいものも多くあります。不特定の人と交わっていると感染経路もわからなくなってしまうため、自分が知らない間に他の人に移す原因になってしまうこともあります。HIVに感染すれば一生大変な思いをしなくてはならないことを常々思いだして行動するようにしましょう。

関連記事
性病もエイズも予防はコンドームを使ったセーフセックスから!

HIVをはじめ様々な性感染症は、知識と対策を知っていれば回避することも可能です。性病の多くは性行為をしなければ感染しませんが、中には性的接触がなくても貰ってしまう可能性があるくらい感染力の強い細菌やウィルスもあります。不用意に他人の精液、体液に触れない、危険を感じたことがあったら定期的に検査をし、早

2020年05月13日
エイズは比較的新しい病気だけど、その起源はどこなの?

HIVの起源はもともとチンパンジーが持っていた免疫不全ウィルスが、人間にも感染するよう突然変異をしたものであるという説が有力です。エイズが初めて認識されたのが1981年の米国でしたが、保存されている血液を検査したところ、それよりも前に抗体が発見され、様々な調査を経て実際には1981年よりも100年以

2020年04月06日
痛みがなくても危険な尖圭コンジローマはがんを引き起こすこともある

尖圭コンジローマはヒトパピローマウィルス(HPV)が原因でかかる性病です。HPVは非常に多くの種類があり、大きく分けると皮膚に感染するものと、性器や粘膜に感染するものがあります。非常に感染力が高いのですが、ほとんどのヒトパピローマウィルスは人間が本来持つ免疫によって撃退され、自然治癒します。尖圭コン

2020年02月27日
実はエイズにかかるのは人だけじゃない!猫のエイズについて

エイズは人間だけの病気でありません。そもそも人間にもエイズはありませんでしたが、20世紀にヒトと遺伝子の近いサルの免疫不全ウイルスが変異し、人間にも広まるようになったといわれています。身近なところでは猫エイズもあり、特に野良猫では感染率が高いため、飼い猫が野良猫と喧嘩をしないように注意する必要もあり

2019年12月24日
昔から人々を悩ませてきた性感染症、梅毒の原因と症状について

最近再流行している梅毒ですが、実はHIVと同じように死に至ることがあるため非常に恐ろしい性病の1つです。ある程度進行してくると自覚症状が出るようになりますので、気づいたら早めに治療をするようにしましょう。性行為だけでなくキスなどの軽い接触や衣類や食器、かみそりなどから感染することもあり、感染経路も多

2020年01月29日
HIVに感染しても早期発見すれば薬で治療ができる

現在日本で承認されている抗HIV薬の種類も増えてきたため、以前と比較すると普段の少ない投薬治療が可能になってきました。以前は頻繁に薬を飲まなくてはなりませんでしたが、現在は一日1回決められた時刻に服用する治療が一般的になっています。投薬治療で注意しなくてはならないのが、決められた薬を決められた時刻に

2019年12月07日
知らないうちに進行しているHIV感染からエイズ発症までの流れ

感染してしまったら、今後の対処方法を考えなくてはなりませんが、感染初期のほとんどの人は無症状のため、知らない間に他人に移してしまう危険性があります。これを無症候性キャリア期と呼びます。無症候性キャリア期はその人の免疫力や年齢、HIVウイルスのタイプによっても変わってきますが、長い人では10年近く無自

2019年11月21日
エイズ検査は無料で受けられるって知ってた?

HIVの検査に関する知識を身に着けることは、早期発見をする上で非常に重要です。早期発見ができれば他人に移すリスクも減りますし、感染者自身の身体的負担も軽減することができます。障碍者手帳が発行されることになりますので、その後の治療負担も軽減することができますし、日常生活の中でも様々なサポートを受けるこ

2019年11月08日